仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)は13日、夏季限定のイベント「ナイトアクアリウム」を始める。開館時間を午後9時まで延長し、館内を幻想的にライトアップ。生き物たちが昼とは違う表情を見せる夜の水族館を楽しんでもらう。
 ナイトアクアリウムの目玉は、スタジアムで行われる夜のイルカショー「ナイトドルフィンパフォーマンス」。人工の霧とピンクや青の照明で演出された神秘的な空間で、2頭のイルカが技を披露する。
 11日は事前の内覧会があり、親子連れやカップルらが一足早く体験した。大崎市の塩釜高2年斎藤日向子さん(16)は「一つ一つの演出がすごくロマンチック。イルカの動きもかわいくて楽しかった」と喜んだ。
 ナイトアクアリウムは8月25日まで。期間中は館内にキャンドルを並べ、アロマオイルの香りで包む。午後5時を過ぎると、大水槽前はラウンジに変身。アルコール類やジュースを飲みながら、イワシの群れやサメの泳ぎを楽しめる。
 最終入館は午後8時半。連絡先はうみの杜水族館022(355)2222。