参院選の仙台市泉、宮城野両区の開票所で、開票作業中に、投票者総数と投票総数が一致しないトラブルが発生した。

 泉区では22日午前1時20分ごろ、投票者総数9万7698人に対し、投票総数が5票少ないことが分かり、職員が一時、会場の作業台の下を探すなどしたが見つからなかった。同区選管は不受理が2件あり、残る3票は持ち帰りも考えられるとして、不明票扱いにしたと発表した。

 宮城野区でも投票者総数7万7066人に対し、投票総数が1票少ないことが分かり、不明票とした。

 若林区でも集計ミスで確定が大幅に遅れた。