仙台藩祖伊達政宗ゆかりの国史跡「舘山城跡」(山形県米沢市)の入り口近くに、市民有志で組織するボランティア団体「舘山城保存会」が休憩所を兼ねた伊達氏関連資料の展示スペース「伊達山城(やまじろ)参考館」を整備し、観光客らに開放している。年表や当時の勢力図など伊達氏関連の資料が壁一面に掲示されている。

 保存会の事務局を担当する小野里一栄さん(79)が所有する木造倉庫(床面積約100平方メートル)を活用。歴史資料のほか15代晴宗や16代輝宗、17代政宗の肖像画を掲示し、伊達家3代による米沢支配時代(1548~91年)の遺構が数多く点在する「斜平山(なでらやま)」の大型油絵や写真も飾っている。

 普段は無人でシャッターが下りているが、自由に開けて中に入ることができる。数十人が入れる空間で日差しを避けたり、雨宿りをしたりするのに手頃な場所になっている。保存会は城跡登り口にも別の休憩用木造施設を設けている。

 連絡先は小野里さん0238(21)1119。