東京電力福島第1原発事故で休業を余儀なくされた福島県南相馬市小高区の老舗スーパーが13日、新たに総菜店「おはぎとおそうざい ふるうちの台所」として8年5カ月ぶりに営業を再開した。看板商品のおはぎが復活し、地元の顧客が「懐かしい」と次々手に取った。
 震災前の「食品スーパーふるうち」は1921(大正10)年創業。店主古内慶子さん(67)が、介護していた母を避難中に亡くしたのを機に地元での再建を決意。長男和彦さん(42)が勤めていた市内の工務店を辞め、4代目として店に入った。
 かつて1日400個売れたおはぎは、再開初日もできたてを棚に並べるたびに品切れになった。