全国各地の地ビールを味わえるイベント「クラフトビアフェスティバル in AKITA」が17、18の両日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場であった。秋田や福島など全国36社のビールが用意され、来場者は食事を楽しみながらビールを飲み比べた。
 県内のビール醸造所や飲食店などでつくる秋田ビアフェス実行委員会の主催で、今年で10回目。両日とも午前11時に始まり、約1時間おきに乾杯の音頭を取るなどして盛り上がった。
 秋田市の会社員大野紗智さん(22)は「日中の時間帯からビールを味わえて楽しい。全国各地のビールをすぐに購入して飲める機会はなかなかないと思う」と喜んでいた。