秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地の迎撃システム「イージス・アショア」の計画を巡り防衛省の調査にミスが相次いだ問題で、同省は28日、再調査の内容や実施時期などを秋田県と秋田市に説明する。

 山野徹審議官と熊谷昌司東北防衛局長が県庁と市役所を訪れる。県は堀井啓一副知事と加藤鉱一県議会議長が対応する。

 岩屋毅防衛相は27日の閣議後記者会見で、再調査の内容について「ゼロベースで行う」と強調。「(地元に説明し)できるだけ早く理解を得て調査を開始したい」と述べた。

 防衛省は新屋演習場を含む候補地の実地測量を実施し、仰角や周辺のインフラの状況などを確認する方針。客観性を担保するため、外部の専門業者に委託する方向で調整している。