青森県南部町特産の高級洋ナシ「ゼネラル・レクラーク」の収穫が本格化している。収穫は10月上旬まで続き、追熟した後の11月から販売する。
 ゼネラル・レクラークはとろけるような食感で、甘みと酸味のバランスが取れているのが特長。贈答用として人気があり、仙台からの注文も多いという。
 八戸農協ゼネラル・レクラーク専門部会長の泉山茂さん(69)の園地では20日、1個500グラムを目安に実を収穫。名久井農高(南部町)の生徒が運搬作業などを手伝った。今年は大玉が多く、平年より1割ほど収穫量が増えるとみている。