宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園で、コスモスが咲き始めた。園内約2万7000平方メートルの花畑に3品種約200万本が植えられ、今月下旬から10月中旬にかけて見頃を迎える。

 花を付け始めたのはオレンジや黄色のキバナコスモスで、2品種計約140万本ある。人気の高いピンク色の品種は10月上旬に見頃になるという。

 家族と訪れた仙台市太白区の主婦三浦まきさん(46)は「コスモスを見に来た。オレンジ色に色づき、とてもきれい」と話した。

 園内では、コスモスとコキアに焦点を当てたイベント「COKOフェスタ2019」が開催中。コキアは10月上旬に紅葉する見込みで、10月12~14日にはライトアップも行う。フェスタは10月20日まで。

 連絡先は公園管理センター0224(84)5991。