敗戦の危機を救ったのはベテランの一振りだった。東北楽天は1点を追う八回、先頭の代打藤田が起死回生の同点弾。この後打者10人の猛攻で一挙5点を奪い逆転勝ちした。

 「つなごうと思った」。藤田は打席で集中力を高めた。1ストライクから2番手平井の内角直球を振り抜くと、打球はきれいな弧を描き右翼スタンドに吸い込まれた。「最高の結果になった」。一塁を回ったところで右拳を突き上げた。

 この一発で打線は目覚めた。続く辰己の中前打をきっかけに1死満塁とすると、ブラッシュの押し出し死球で勝ち越し。さらに銀次の中前適時打、下水流の押し出し四球、ウィーラーの左犠飛、とどめは再び打席が回ってきた藤田の適時内野安打で計4点を加えて勝負を決めた。

 試合前、野手ミーティングに2軍で調整する渡辺直や岡島らが参加。クライマックスシリーズ進出を目指す仲間に「今季でつぶれてもいいぐらいの気持ちでやろう」と励ました。

 「前日に悔しい負け方をして、今日は何とか勝ちたかった。同じベテランに気合を入れてもらった」と藤田。平石監督は「藤田の一発で勇気をもらった。こういう時こそベテランの力が必要だ」とたたえた。

 4位ロッテとは1.5ゲーム差に広がった。ベテランを先頭にチーム一丸となってつかんだこの白星は大きい。(丹野大)