弘前市は21日、防災行政無線で市内全域に誤って避難を呼び掛けるトラブルが同日未明に2回あったと発表した。台風17号に備えるための録音が設定を誤ったため流れた。当時の市内の気象状況は平穏だったという。
 市防災課によると同日午前0時ごろに「警戒レベル3、避難準備・高齢者等避難開始」、同4分に「警戒レベル4、避難勧告」とする指示が全131基の防災無線から流れた。市は同54分に放送で訂正した。放送内容は同課の担当職員が20日に録音していた。