赤羽一嘉国土交通相は14日、台風19号の被害確認のため宮城県庁で村井嘉浩知事と意見交換し「これだけ大きな災害で激甚災害に指定されないとは考えにくい。踏み込んで対応していく」と述べた。同県丸森町などで冠水が続いている状況については排水ポンプの支援を加速させるとした。
 赤羽氏は同県大郷町粕川の吉田川の堤防が決壊した現場も視察。「過去にも大変な洪水があった場所であり、再発防止に努めたい。被災者の生活再建に向け、地元の声に寄り添い対応する」と述べた。
 武田良太防災相も同日、激甚災害指定を検討する考えを示した。視察に訪れた福島県庁で「一刻も早く指定に向けて取り組んでいきたい」と話した。