前線や低気圧の影響で、東北は19日にかけて大雨となる恐れがあり、仙台管区気象台は18日、河川の増水や氾濫、土砂災害などに警戒するよう呼び掛けた。台風19号の被災地では地盤が緩み、通常より少ない雨量で危険度が高まるため、被災自治体は避難指示などを出した。

 気象台などによると、19日午後6時までの24時間予想降水量は岩手県の内陸部と沿岸南部、宮城県、福島県浜通り100ミリ、岩手県沿岸北部と福島県中通り80ミリ、会津60ミリ。19日朝から昼ごろにかけて、1時間当たり最大30ミリの激しい雨が予想される。

 台風の影響で、70~50ミリ程度の雨で土砂災害が発生する恐れがある。堤防が損傷を受けたり、河川に土砂が堆積したりした地域では、洪水の危険度が高まる可能性もあるという。

 気象台と東北地方整備局は18日、記者会見を開いた。気象台の橋本竜主任予報官は「台風後、初めてのまとまった雨になる。増水している河川や用水路、崖などには近づかないでほしい」と注意を呼び掛けた。

 整備局などは同日、台風による堤防決壊に対応し、吉田川の落合水位観測所(宮城県大和町)と阿武隈川の須賀川水位観測所(須賀川市江持)の洪水予報・水防警報の発表基準を暫定的に引き下げた。

 仙台市は18日午後5時、市内全域の土砂災害危険箇所に、大崎市は午後4時、全域に避難準備・高齢者等避難開始を発令。南相馬市といわき市も午後4時までに各河川の流域に避難指示などを出した。