防衛省は7日、米軍三沢基地(三沢市)所属のF16戦闘機が、訓練中だった6日午後6時35分ごろ、訓練場の外に重さ二百数十キロの模擬弾1発を誤って落としたと明らかにした。7日午前、米側から防衛省に連絡があった。落下地点の周辺に民家などはなく、けが人もいなかった。

 同基地ホームページの発表によると、F16が三沢対地射爆撃場(三沢市、青森県六ケ所村)から5キロ離れた場所に訓練弾を落とした。爆発性はない。原因は調査中。訓練弾を落とす訓練をしばらく中止し、関係機関と落下物回収に当たる。

 三沢防衛事務所などによると、落下地点は射爆撃場の西方、六ケ所村の牧草地。同事務所の職員が現地で確認したところ、幅1メートルほどの草がなくなっていたが、模擬弾は確認できなかった。落下物が地中深くまでうずまったとみられる。

 六ケ所村には7日午前、同事務所を通じて連絡があり、村は職員2人を派遣して現地を調査。事務所からの要請を受けて、地権者との調整などに当たった。戸田衛村長は「近隣には小中学校もあり、村民の不安を増幅させ、誠に遺憾。再発防止に万全を期すまでは訓練の中止を要請する」とのコメントを出した。

 三沢市にも同日午前、同事務所と同基地からそれぞれ連絡があった。小桧山吉紀市長は報道陣に「市民に多大な不安を与え、極めて遺憾だ」と話した。

 青森県の三村申吾知事は取材に「一歩間違えれば大変な惨事になったことも考えられる。県民に大きな不安を与え、米軍の安全管理体制に対し不信感を増幅させるものであり、県として非常に厳しく受け止めている」と述べた。三村知事は8日に米軍に文書要請するとともに、自ら防衛省を訪問し申し入れする意向を明らかにした。