宮城県社会福祉協議会は7日、台風19号で被災した県内の世帯を対象に、無利子で10万円の生活福祉資金を貸し付けると発表した。11日から各市町村社協で申請を受け付ける。
 災害救助法が適用された全市町村に対する厚生労働省の特例措置。申請には罹災(りさい)または被災証明書が必要。償還期限は2年。4人以上の世帯や、死亡者や要介護者がいる場合などは20万円を貸し付ける。連絡先は県社協022(225)8478。