国天然記念物の水鳥コクガンが今季も北極圏から志津川湾(宮城県南三陸町)にやって来た。ラムサール条約登録湿地の湾内は餌となる海草や海藻が豊富だ。ゆったりと冬を越す様子が漁港などで観察できる。
 ガンの仲間では唯一、海で暮らす。首に白いネックレスを着けたような模様が特徴。輝く水面を優雅に行き交う姿に気品が漂う。
 日本では2500~3000羽が越冬する。志津川湾では今季300羽ほどが確認されているものの、湾内での暮らしぶりや渡りのルートは未解明。謎に包まれた鳥でもある。(南三陸支局・佐々木智也)