福島県の内堀雅雄知事は20日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が3月4日に一部解除される双葉町を東京五輪の聖火リレーのルートに新たに組み込むことに関し「(県内のリレー開催に)大きな力を与えてくれる」と期待感を示した。
 内堀知事は「今週中に実行委員会を開催し、双葉町のルートへの追加について協議する」と説明した。県五輪・パラリンピック推進室が町の意向も確認しており、実行委で追加方針を固め、大会組織委員会に提案する方向。2月中にも了承されるとみられる。
 記録的な雪不足による県内スキー場への影響については「近年はオーストラリアから利用者が訪れるなど、インバウンド(訪日外国人旅行者)を呼び込む力にもなっており、早期に滑走可能になってほしい。県もきめ細かい情報発信に努める」と述べた。