福島県は27日、東京五輪聖火リレーで県内を走る自治体推薦枠のPRランナーに、人気グループTOKIOのメンバー4人や、お笑いコンビ南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さん(40)ら県ゆかりの著名人10人を選出したと発表した。

 TOKIOは東京電力福島第1原発事故の風評被害の払拭(ふっしょく)に向け、県産品の消費拡大を呼び掛けるCMに出演したことなどが縁となった。山崎さんはいわき市の常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)を舞台にした映画「フラガール」に出演した。

 ほかに選出されたのは、スキー選手遠藤尚さん(29)=猪苗代町出身=、元バレーボール選手大林素子さん(52)、俳優窪田正孝さん(31)、パイロット室屋義秀さん(47)=福島市在住=、クリエーティブディレクター箭内道彦さん(55)=郡山市出身=の5人。

 TOKIOは「福島は『心のふるさと』。復興に向けて頑張る姿を全世界に発信したい」、山崎さんは「福島の皆さんに力をもらったことを思い起こしながら一生懸命走りたい」などとそれぞれコメントした。