福島県は18日、新型コロナウイルスに新たに8人が感染したと発表した。このうち4人はクラスターの発生が確認されたエーピーアイコーポレーションいわき工場(いわき市)の社員や家族。県図書館(福島市)に勤務する県職員の陽性も判明した。県内の感染者は計60人となった。

 同社関連では、16日に感染確認された10代男性の同居家族の50代男性会社員と40代女性団体職員、10代女子小学生の陽性が判明した。50代男性は廃棄物処理業のクレハ環境(いわき市)の社員。エーピーアイ社に勤務する30代男性の感染も新たに確認され、クラスターは6人となった。

 南相馬市の60代女性会社役員と80代女性は、16日に感染が確認された原町サイン(南相馬市)の60代男性の同居家族。同社に勤める50代男性の感染も新たに分かった。

 県図書館の福島市の50代女性は事務室に勤務。県は図書館と隣接の県美術館を19日から5月6日まで休館する。