山形県の吉村美栄子知事は19日の定例記者会見で、県が13日に交付を始めた県外ナンバーの車に乗る県内在住者向けの「確認書」について、申請に応じて18日までに207枚交付したと発表した。吉村知事は「差別や偏見の防止につながればと思う」と述べた。
 確認書はA4判の用紙に「山形県内在住者です」と表記されており、車内に掲示できる。新型コロナウイルス感染症の影響で、全国的に県外ナンバーの車への嫌がらせが確認されているのを受け、県が各総合支庁で臨時に交付している。
 吉村知事は、交付が仕事などで来県した県外ナンバー関係者への差別を助長するとの指摘があることに関し「日常生活に支障がないように交付した。差別がないように呼び掛けたい」と語った。