東北楽天は22日、仙台市の楽天生命パーク宮城、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉の2組に分かれて練習を行った。

 楽天生命パーク宮城の投手陣は涌井や弓削らがブルペンで投球練習をした。野手陣はベースランニングやシートノックなどで汗を流した。下妻と山崎幹は特打でバットを振り込んだ。

 テレビ会議アプリで取材に応じた三木監督は「みんな元気にやっている。状況を見ながら、投手と野手を絡めた練習も考えていかないといけない」と話した。

 23日は休養日の予定。