福島県の内堀雅雄知事は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県への移動を6月18日まで控えるよう県民に要請した。新型コロナ特措法に基づく政府の対処方針に沿い、19日に移動自粛の要請を全面解除する。

 県は、6月1日~7月31日の感染拡大防止対策を策定。5月末までは他県への不要不急の移動を控えるよう求めており、緊急事態宣言の解除が遅かった5都道県のみ移動自粛要請を6月18日まで延長する。

 内堀知事はまた、新型コロナの影響で落ち込んだ観光需要の回復に向け、県民の県内観光に限り1泊7000円以上の宿泊費用から5000円を割り引く事業を6月1日に開始すると発表した。

 県は感染拡大防止対策に基づき、6月18日までは県外観光客の呼び込みを控える方針。内堀知事は「まずは地産地消で、コロナのストレスを県内観光で癒やしてほしい」と呼び掛けた。