刑務所や少年院の入所者が持つ資格などの情報を集め、雇用を望む東北の企業に紹介する法務省の矯正就労支援情報センター「コレワーク東北」が仙台市若林区の仙台矯正管区に開設された。7月1日に業務を始める。

 コレワーク東北は、全国に約180カ所ある刑務所などで、6カ月後に出所予定で就労意欲があるなどの要件を満たす入所者の職歴や資格、出所後の居住予定地などの情報を管理する。

 東北で雇用を希望する企業などの問い合わせに応じ、条件に合う入所者がいる施設を紹介する。企業は該当施設を管轄する公共職業安定所に求人を出し、面接などの採用活動に当たる仕組み。法務省の職員ら3人が平日日中に常駐する。

 従来は、コレワーク東日本(さいたま市)が東北の企業の照会などに応じていた。よりきめ細かいサービスを提供できるよう、法務省が4月以降、全国2カ所にあった拠点を8カ所に増やした。

 今後は企業の相談に応じるとともに、刑務所などの施設見学を実施する予定。コレワーク東北の会沢壮史室長(47)は「入所者の再犯防止につながり、企業にとっては社会貢献になる。双方から幅広いニーズをくみ、マッチングに努めたい」と話す。

 連絡先は(0120)295089。