宮城県警は29日、東日本大震災の津波で流され、石巻市竹浜で見つかった遺体の身元が、同市南浜町3丁目、無職阿部きうさん=当時(99)=と判明したと発表した。

 県警によると、遺体は2011年5月19日、阿部さん方から十数キロ離れた入り江のがれきの中から見つかった。

 周辺で見つかった他の遺体の情報から、南浜地区周辺で被災したと推定。同地区の行方不明者の情報や、複数の親族のDNA鑑定、遺体の骨格を基に作った似顔絵などを手掛かりに、身元を特定したという。

 阿部さんのおいの管野一之さん(79)=石巻市=は県警を通じ「9年がたっても捜し続けてくださり感謝。供養できることを大変うれしく思う」との談話を出した。遺骨は7月2日、管野さんに引き渡される。

 県内で見つかった震災に伴う身元不明遺体は7体となった。県警は「(不明者に関する)情報が年々、減っている。もしかしたらと思ったら、情報を寄せてほしい」と呼び掛けている。