開園30年を迎えた宮城県栗原市の「南くりこま高原一迫ゆり園」で、早咲きのユリが見頃を迎えている。200種15万株が植えられた園内では日の丸をデザインした赤と白のユリがほぼ満開になり、濃厚な香りのオリエンタル系の品種も咲き始めた。
 運営する町おこしユリの会は、マスク着用など新型コロナウイルスの感染予防への協力を呼び掛けている。7月26日までの予定。時間は午前8時半~午後5時。大人670円、小中高生310円。連絡先は同園0228(52)4551。