奥州市は9日、同市のJR東北新幹線水沢江刺駅で10月1日から、地元出身のミュージシャン大滝詠一さん(1948~2013年)の代表曲「君は天然色」が発車メロディーとして放送されると発表した。

 放送が始まるのは1日の始発から。上下線で曲の使用する部分を分けており、下りは曲の出だし、上りは曲のさびを15~20秒に編曲したメロディーになる。

 日本のポップス界をけん引した大滝さんを顕彰し、市のイメージアップを図ろうと、市民有志が約5000筆の署名を集め、市などを巻き込んだ実行委が6月にJRに要望した。

 この動きが全国に知られると、大滝さんのファンから「いつ放送が始まるのか」と水沢江刺駅などに問い合わせが相次いだという。

 有志代表の飲食店経営石川悦哉さん(54)は「署名をいただいた皆さまのパワーが実現につながった。新型コロナウイルスで落ち込む観光、物産、運輸など地域全体の活性化につながればいい」と期待した。

 奥州市は発車メロディーの放送開始に合わせ、大滝さんの業績を伝える展示コーナーを駅構内に開設する準備を進めている。