15日に結成された新「立憲民主党」と新「国民民主党」の党役員人事で、東北の議員が要職に就いた。国会運営や政策立案に向け、思いを新たにした。

 立民の安住淳衆院議員(宮城5区)は、民主党時代から通算4度目となる国対委員長に就任した。「国会論戦を通じ新政権の課題を浮き彫りにする」と語った。

 立民は田名部匡代参院議員(青森選挙区)を常任幹事会議長、玄葉光一郎衆院議員(福島3区)を副代表に登用した。田名部氏は「信頼される党を目指し地道に活動する」と述べた。

 国民の舟山康江参院議員(山形選挙区)は政調会長に抜てきされた。「議員団は政策に精通したスペシャリストばかり。得意分野を生かし、発信に取り組む」と意気込んだ。