妻の出産に立ち会うことは「事故」なのか-。第2子誕生を来月に控える仙台市議の伊藤優太氏が18日、会議規則にある欠席理由に異議を唱え、鈴木勇治議長に条文変更を申し入れた。
 伊藤氏が指摘したのは市議会会議規則のうち、議長への欠席の届け出を定めた第2条の表現。欠席理由に「公務」「疾病」「出産」「その他の事故」しかなく出産に立ち会う場合は「事故」に該当してしまう。
 伊藤氏は「出産の立ち会い」「育児」を追加するよう要望。議会活動と育児を両立しやすい環境整備も求めた。鈴木議長は「時代の流れに対応し、考えなければいけないこと。今後、議論していく」と応じた。