青森県は16日、10歳未満~70代の男女26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。弘前市の接待を伴う飲食店「クラブ 縷(る)・シャモン」「スナック シャモン」で発生した15人のクラスター(感染者集団)は、県外在住の客4人を含め、39人に拡大した。県内の感染確認は計83人。1日の感染者としては東北で過去最多となった。

 2店の新規感染者は、従業員の20~60代男女13人と、客の40~70代男女7人。居住地は青森市1人、弘前保健所管内(弘前市など)が19人。重症者は確認されていない。県外客4人の感染も16日に分かった。

 医師と職員計4人が感染した弘愛会病院(弘前市)は、新たに40代女性職員の陽性が判明。県は病院でもクラスターが発生したと断定した。

 10歳未満の感染者は未就学女児で、14日に感染が確認された飲食店従業員の40代女性の同居人。10歳未満の感染は県内初。また県は、これまでに感染が判明し入院している60代の患者が重症化したと公表した。

 弘前市の地域FM局アップルウェーブは16日、感染者の中に社員1人が含まれると明らかにした。