宮城県松島町のマリンピア松島水族館跡地で17日、観光施設「宮城県 松島離宮」がオープンした。飲食など6店が入居するほか地元文化財を展示する博物館もあり、木造2階の館内は家族連れなどでにぎわった。
 体験型ワークショップが日替わりで体験できるエリアでは、宮城伝統こけし組合連合会の菅原和平会長(75)=宮城県大崎市=が鳴子こけし制作を実演。こけしの絵付けを体験した埼玉県の会社員渡辺利彦さん(39)は「初めてで顔を描くのが難しかった。旅行の思い出として自宅に飾りたい」と話した。菅原会長は「多くの客にPRできる」と期待した。
 施設は県内の総合商社が運営する。